ニュージーランドから帰ってきちゃいました

ジーランドでの約1年留学し終わったの大学生です。
帰国後は、普段思ったことをつらつら書いていこうと思います。

私のお気に入りの村上春樹作品集


 時間があるうちに、少し書きたいなあということを書こうと思います。

 それは今まで読んだ中でお気に入りの村上春樹の本です。


 大雑把にいうと、私は彼の長編小説よりも短編小説とエッセイの方が好きですね。長編は、なんか よし!!これから読んでやるぞ!!みたいな意気込みが必要なのですが、短編やエッセイは本当に気軽に読めるので私は好きですね。あと、村上春樹の長編小説の小説は主人公が非常に女の子にモテるので(読んでいるこっちが腹立たしくなってくる。。。。)。短編小説だやはり村上春樹の文体で色んな話を読めるというのがミソだと思います。エッセイは、なんか彼もすごい色んな本を書いているけどやはり1人の人間なんだなあと感じられるところが好きですね。

さて、好きな小説のタイトルをあげていきますと


国境の南、太陽の西
アフターダーク
女のいない男たち
東京奇譚集
恋しくて
レキシントンの幽霊
やがて哀しき外国語
うずまき猫のみつけかた
辺境・近況
走ることについて僕の語ること



って感じですかね。もうちょっとあった気がするんだけど。(ちなみにウィキペディアを見ると、アフターダークや女のいない男たちが長編小説に分類されているんですが、私の中ではに、長編小説というのは ねじまき鳥クロニクルとかハードボイルドワンダーランド並に全3巻とか出版されてるものを指すので、ここではまあ、、、、あまり気にしないで頂きたいです)

 
国境の南、太陽の西はなんか訳もなく読了後に あ、よかったなあと思った作品でしたね。なんかすごく読みやすかったです。
アフターダークは村上春樹の本の中でも一番好きかもしれません。日本からわざわざニュージーランドに持って来ましたし。この本では、多分 視点 というものがフォーカスされているんでしょうが(明らかにか。)私的にはなんだろう、話自体がすごく好きなんですね。深夜のお話。なんか心に残るフレーズが多くて、今でもたまに部分的に読み返してしまうんですよね。


女のいない男たち。実は、前にバイト先の人にすすめたら、 全く何が良いのかが分からない。というか何を書いているのか分からないと言われましたね。更に、村上春樹のどこがいいの?????って言われました。ううん、どこがいいと言われてもなああ。少し困りますね。なんとか言葉にしようとすれば、彼の文体は本当にオリジナルだからですかね。まず村上春樹の文体はもう彼のオリジナルであって、他の人が真似しようと思っても出来ないものだと思うのですよね。だから彼の本を読んでしまう。更に、不思議なことに彼の文体って本当に私にぴったりときたものですから。
ああ、で、この女のいない男たちですが  私がいいなあと思ったのは  「ドライブ・マイ・カー」「独立器官」「木野」ですかね。すごく面白いなあと思ってしまいました。


次は、東京奇譚集。これは全部の話が面白かったなあ。なんかこんな良い意味でヘンテコな話って中々×人いないと思うんですよね。村上春樹はメタファーがすごく独特。オリジナル。そういうところに惹かれるのかもしれません。




ちょっと疲れてしまった。続きます。











×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。